• トップ
  • ナレッジ
  • AIがメッセージ配信に最適な時間とチャネルを予測|MoEngageの「配信時間/チャネルの最適化」機能を紹介

AIがメッセージ配信に最適な時間とチャネルを予測|MoEngageの「配信時間/チャネルの最適化」機能を紹介

2023.10.30

様々なライフスタイルを持つ顧客と円滑なコミュニケーションを行うためには、一人ひとりの趣味趣向、行動、習慣などを考慮する必要があります。マーケティング担当者の方々は、日々様々な利用シーンやユーザー行動を想定してキャンペーン設計を行っていることと思います。

一つ例をあげてみましょう。あるマーケティング担当者が、朝の時間帯のサービス利用を促すメッセージを配信するとします。この場合、マーケティング担当者は次のようなイメージをもとに配信ルールを決めていきます。

「通勤時間に電車の中でスマートフォンを触っている人をターゲットにしよう」
「平均的な通勤時間である8:30にアプリのプッシュ通知を配信しよう」

これらのアイディアは一見すると妥当であるように感じられますが、実際はどうでしょうか。

車で通勤している人もいれば、テレワークで自宅で仕事をしている人もいるなど、顧客のライフスタイルは十人十色。すべてのユーザーがメッセージを快く受け入れるとは限りません。

では、顧客のライフスタイルを考慮したコミュニケーションを取るためには、どうすれば良いのでしょうか。

そんなお悩みをもつ方々にご紹介したいのが、MoEngageの「配信時間/チャネルの最適化」機能です。この機能は顧客を取り巻く様々な要素のうち、「時間」と「チャネル」という2つの要素に注目し、AIを活用して最適化を行うものです。

時間とチャネルが最適化されることで、顧客とのエンゲージメントがどのように変化するのでしょうか。本記事では、機能の特徴や、見込まれる効果について解説したいと思います。

MoEngageとは

MoEngageは、AIを活用した高度なパーソナライズ機能が多数搭載された、アジアNo.1*1※【G2 Spring 2023】で「Mid-Market&Small Business Market Leader」を獲得(アジアエリア)のカスタマーエンゲージメントツールです。

アプリ/Web/メールなどのクロスチャネルシナリオはもちろん、自動セグメント作成や自動シナリオ最適化など、One to Oneマーティングを強力に推進する機能がノーコードで利用できることがMoEngageの強みです。

MoEngageについて

MoEngegeの「配信時間/チャネルの最適化」機能とは

「配信時間/チャネルの最適化」機能とは、顧客行動をもとにAIが、メッセージ配信に最適な時間とチャネルを予測してくれる機能です。具体的には、以下のような行動履歴から、顧客一人ひとりへのメッセージ配信に最適な時間とチャネルを予測しています。

MoEngage 配信時間/チャネルの最適化 アルゴリズム

AIよって特定された最適な配信時間とチャネルは、ユーザー属性として登録され、管理画面上で確認することができます。

MoEngageのAI機能は、ユーザー行動の変化を捉えることもできるため、最適な時間やチャネルは継続的に更新されています。AIが予測した時間やチャネルをもとに、以下のように顧客一人ひとりに合ったメッセージ配信が実現できるようになります。

MoEngage 配信時間/チャネルの最適化

なぜ配信時間とチャネルの最適化が必要なのか?

顧客のライフスタイルは様々で、仕事や学校、プライベートの時間は人によって異なります。また、日常の様々なシーンによって利用されるチャネルも異なりますが、統計的に分析を行うと、特定のチャネルの利用頻度が高くなる傾向が見受けられます。

MoEngageの「配信時間/チャネルの最適化」機能は、この点に注目しました。

ここで、フードデリバリーアプリのメッセージ配信を例に、時間とチャネルが与える影響を想像してみましょう。

配信時間とチャネルが最適化されていない場合

まずは、朝食のデリバリーをお勧めするキャンペーンの例で考えてみましょう。このデリバリーサービスは、9:00にプッシュ通知でキャンペーンを配信すると最もコンバージョン率が高いものであるとします。しかしながら、以下のような例外も発生します。

MoEngage 配信時間/チャネルの最適化 Badケース

左側の佐藤さんは、仕事中で忙しくしている時に必要としないメッセージが届き、不快感を感じている可能性があります。右側の鈴木さんの場合、プッシュ通知が届く時間は就寝中であり、そもそもメッセージが見られていません。

これでは、せっかく魅力的なキャンペーンを行ったとしても、期待される効果が得られない結果となってしまいます。

配信時間とチャネルが最適化されている場合

一方で、配信時間とチャネルが最適化されている場合には、どのような効果があるのでしょうか。

MoEngage 配信時間/チャネルの最適化 Goodケース

佐藤さんは、仕事前の7:00に魅力的な朝食のメッセージを受け取り、朝食の選択肢としてデリバリーサービスを検討することができます。鈴木さんも同様に、起床後にメールチェックした際に、メッセージを確認することができます。

このように、配信時間とチャネルを最適化すると、メッセージの開封率やコンバージョン率の最大化が図れます。MoEngage社によると、時間とチャネルを最適化で、最大64%*2MoEngage社調べ「Best Time to Send_MoEngageのコンバージョン率向上につながったケースもあると報告されています。

また、顧客の時間やチャネルに寄り添うことにより、顧客の興味関心を引きつつ、ストレスを抑えたコミュニケーションが期待できることから、エンゲージメント向上につながるメリットもあります。

まとめ

これからはビジネスをグロースさせるために顧客一人ひとりを理解し、それぞれに適したコミュニケーションを行うOne to Oneマーケティングがとても重要です。「時間」と「チャネル」の最適化は、One to Oneマーケティングを実践するうえで重要視すべき要素であることがご想像頂けたのではないでしょうか。

MoEngageの「配信時間/チャネルの最適化」機能を使うと、特別な設定を行うことなく、簡単にOne to Oneマーケティングを実践する一つのアプローチとなります。

また、MoEngageには「配信時間/チャネルの最適化」機能の他にも、AIが顧客の行動を予測する機能や、顧客の位置情報をもとにメッセージ配信を行う機能など、プロダクトやサービスのグロースに欠かせない最新機能が多数搭載されています。

MoEngageについてもっと詳しく知りたい方は、こちらから資料をダウンロードすることができます。

References
*1 ※【G2 Spring 2023】で「Mid-Market&Small Business Market Leader」を獲得(アジアエリア)
*2 MoEngage社調べ「Best Time to Send_MoEngage

Recommended

ナレッジランキング

タグ一覧