Amplitudeの使い方記事一覧

因果関係と相関関係の違い データ分析によりプロダクトをグロースさせるには
AARRRモデル(アーモデル)でグロースハックを実践して事業を成長させる 〜指標はタクソノミー設計〜
サービスの機能を利用したユーザーについて、利用前後でエンゲージメントが どのように変化したか分析|第14回 Impact Analysys
ARPU(ユーザーの平均収益)やARPPU(有料ユーザーの平均収益)など ユーザーの収益指標を確認|第13回 Revenue LTV
Pathfinder機能に加えて、多くのユーザーが辿った順に集計を行うことが可能|第12回 Pathfinder Users
ユーザープロパティに基づくアクティブユーザーの内訳確認・集計|第10回 User Composition
前へ