Advertising Week Asia 2023|速報レポート

2023.06.07

2023年6月6〜8日の期間に、東京ミッドタウン(東京都港区)にてAdvertising Week Asia 2023が開催されています。

本イベントでは、広告領域の4つのステージと計10本のコンテンツトラック、そしてインタラクティブなディスカッション、業界で最も影響力のある著名なスピーカーによる講演などが行われています。

グロースマーケティングメディアも取材に伺いましたので、少しだけその模様をお届けします。会場である東京ミッドタウン(東京都港区)イベント会場への入口はこちらです。

Advertising Week Asia 2023入口

まず入場すると受付があり、その向かいにYouTubeのブースがあります。

Advertising Week Asia 2023 YouTube

YouTubeのブースでは、YouTube Works Awards Japan 2023 ノミネート作品が発表されておりました。YouTube Works Awardsは、Google が主催する新しい広告賞で、YouTube を活用して高い広告効果を獲得し、ビジネスを成功に導いたキャンペーンを表彰するアワードとのこと。

ブースに立ち寄ると、YouTube Works Awards Japan 2023のファイナリスト作品集をいただけます。有名ブランド各社がどのような広告をどのような背景・目的・KPI・クリエイティブで実施されているのかが大変詳しくまとめられている冊子ですので、ぜひお立ち寄りになると良いのではないでしょうか。

Advertising Week Asia 2023 YouTube2

また、会場奥ではamazon adsやdata.ai、oguryなどいくつかのブース出展や、作業スポットも用意されておりました。

Advertising Week Asia 2023 amazon ads
Advertising Week Asia 2023 data ai ogury

3つある講演会場では、1日をかけて複数の講演が実施されておりますが、今回はグロースマーケティングメディアの運営会社である株式会社DearOneの講演の模様を少しだけお届けします。

アプリのプロが広告の時代を変える!〜日本初のリテール公式アプリアドネットワーク〜

株式会社DearOne 代表取締役社長 河野 恭久

Advertising Week Asia 2023 DO

株式会社DearOneが開発したスマホアプリのダウンロード数は8,000万超え・MAU数は2,200万を超えたということで、アプリのプロとして、従来の株式会社DearOneのサービスであるModuleApps2.0のご紹介とグロースマーケティング事業のご紹介、さらに、まだプレスリリース前のリテールメディアサービスについて代表の河野が力強く解説しました。

Advertising Week Asia 2023 DO

その後、全てのステークホルダーにメリットがあるという、新しいリテールメディアについて海外の最新情報や実例をもとに、日本市場にどう落とし込むべきかを解説。30分間の熱いセッションとなりました。

Advertising Week Asia 2023 DO

まだプレスリリース前ということで詳細は割愛しますが、会場にご来場の広告主サイドの皆様に向けた特別キャンペーンの告知もあり、会場から「おぉ・・・」と声が上がっておりました。

Advertising Week Asia 2023は、残すところ1日となりましたが、参加予定の皆様はぜひ会場へ足を運ばれることをおすすめします。

Recommended

ナレッジランキング

タグ一覧